20XX年X月17日xxxxxxxにおけるXXら指XXXを許さない。いじめを許さない。

 


体調を崩し、ふらつき加減の私に自転車で行けなどとして、かつ罵声を浴びせるなどとんでもない。診断書を提出したことに難色を示したQQ、OOも許せない。OOは「(診断書を提出するなんて)あなたは何を考えてるの」と言ってきたが、何を考えてるのかとはこちらが言いたいことだ。安倍晋三など自民党公明党・維新の「御意向」での護憲つぶしだったのではないか。そういえば、「xxx」では、くだらない日の丸への「礼」をさせられた。日の丸は日本が大日本帝国だった時、侵略戦争のいわば旗として使われていたものだ。なぜあんななものに「礼」をさせるのか。xxらbbbbは皆、軍国主義者か。東京都では、石原慎太郎都政で、生徒・教員に日の丸君が代を強要。従わない教員らに自民党都議の秘書や教育委員会職員が暴行するという事件も。ただし、報道統制のためか表沙汰になっていない。XXXでの「日の丸への礼」は安倍晋三自民党らによる軍国主義の洗脳ではなかったのか。もし、そうならば、安倍晋三は総理だけでなく議員もやめるべき、菅義偉など総理の資格はない。他の閣僚も同じ。

第一、当時のYYYとSKHとの3者面接では妙なことを言われたぞ。年 月だったと思うが。 YYYが「君は『みんなのために、』大げさに言えば『国民のために仕事をする』と考えてるようだが、それは大きな間違いだ。組織のために仕事をするんだ。たとえ違法であっても」という趣旨のことを言ってきた。

まるで財務省の文書改ざんか、あるいは内閣府桜を見る会名簿破棄。厚労省統計不正のようだが、そんなことを知る由もない私が思ったのは何か、安倍スガ自民党の指示で誰か、たとえば野党議員を殺害するなどの違法行為をやらされるのではないか、ということである。    

もちろん「ゴーンは裁判で無罪を証明しろ」などと言い放った森まさこ前法務大臣は本当に論外。こんな人がよく法務大臣やってたわ。刑事裁判のことを知らないのか。弁護士らしいが、よく司法試験通ったな。「民主党政権かだったから3・11で検察官が真っ先に逃げた。理由もなく被疑者を釈放してしまった。」などと言っていたが、全部嘘だったんだよね。法務大臣だけでなく議員も辞めるべきだろう。現法務大臣上川陽子西日本豪雨災害で宴会。しかも次の日はオウム真理教死刑囚の死刑執行の日だった。私が法務省の職員だったら、恥ずかしくて法務省職員って言えない。ま、バカな安倍自民党の手下

が、出世しているから、

 

今すぐ他の自民党公明党、維新の議員も全員議員を辞めるべき。なお安倍は総理を辞任したが、まだ議員を辞めていない。

伊藤詩織さんは安倍スガ自民党によるレイプ事件もみ消しの被害者

9・25の放送の中で伊藤詩織さんをレイプしたTBS元記者とあったのは山口敬之。山口敬之は安倍晋三前総理のお友達。
当時官房長官で現在総理になった菅義偉を通じて警視庁の中村格刑事部長が逮捕状をもみ消し。明らかに安倍独裁政権で起こったレイプ事件もみ消し。
ここまで言及して欲しかった。

 

中曽根、森喜朗献金リストに元首相の名 権威を笠に肥大化<ジャパンライフ山口元会長>

2020年9月19日 05時55分
<はがれた仮面・ジャパンライフ事件(上)>
山口隆祥容疑者(上)に「桜を見る会」の招待状が届いたことを伝えるジャパンライフのチラシ(中)(大門実紀史参院議員提供)。主要生産拠点だった埼玉県の物流センター(下)は廃墟となっている(コラージュ)

山口隆祥容疑者(上)に「桜を見る会」の招待状が届いたことを伝えるジャパンライフのチラシ(中)(大門実紀史参院議員提供)。主要生産拠点だった埼玉県の物流センター(下)は廃墟となっている(コラージュ)

◆それは羽毛布団販売から始まった

 厳格だった。神様みたいな人だった―。
 磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」の創業者、山口隆祥たかよし(78)の印象を、消費者庁元課長補佐の男性はそんなふうに覚えている。
 男性は2015年7月に、同社に天下りした。夏でも白のワイシャツとネクタイが欠かせない社風で、山口の前では、社員は直立不動になったという。
 ジャパンライフは1975年、群馬県伊勢崎市で産声を上げた。山口は「健康革命」と称して羽毛布団販売を手掛けたが、83年に脱税の疑いで国税庁から告発され、翌年4月に起訴、同8月に懲役2年(執行猶予4年)の有罪判決を受けた。

◆脱税告発見越して?元警察官僚ら大勢引き抜き

 告発の数カ月前、自らは社長を退き、後任に警察庁で「ねずみ講」捜査の陣頭指揮を執っていた元警察官僚を迎えた。他に10数人の警察官僚や署長を引き抜き、ジャパンライフ代理店(営業所)の指導係に据えた。
 社史には「大組織を作り上げたプロを放っておく手はない」と記されている。だが、山口の幼なじみの男性(89)は「脱税もしていたし、捜査の追及のお目こぼしを受けるためではないか、と地元では言われていた」と明かす。
 それだけではない。山口は社長辞任の数日前に、政治団体「健康産業政治連盟」を設立。官報によると、83年度の収入は1億8100万円、84年度は2億2400万円で、元首相の田中角栄政治団体越山会えつざんかい」を上回った。

◆顧客から吸い上げた資金は政治家へ

 中曽根康弘亀井静香石原慎太郎森喜朗…。当時影響力があった政治家の名が献金先として記載されており、顧客から得た資金の一部が流れていたとみられる。
 献金を受け取っていた元労働相の山口敏夫は「もしもの時に政治家を利用したかったのだろう」と語る。政治家人脈の1人には前首相の安倍晋三の父、晋太郎の名も残る。85年に日本武道館で開かれた創立10周年記念パーティーに祝電を送っていた。

◆安倍前首相とのつながり押し出し集客

 それから30年後の2015年にあった前首相主催の「桜を見る会」。首相枠での招待状が山口に送られていたことが19年に発覚し、前首相とのつながりを強調して顧客の信用を深めていたことが問題視された。
 ジャパンライフ設立時から関わっていた、関東圏の代理店元店長の男性が振り返る。「最初はジャパンライフの商品の愛用者だった。だが、別の人を紹介すればお金がもらえて、気付いたら社員になっていた。入社式には官僚OBも来て、すごい企業だと信じた」。そして続けた。
 「誰もがだまされていたんです」(敬称略)
    ◇
 経営破綻した磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」の山口元会長らが18日、詐欺容疑で警視庁などに逮捕された。全国の高齢者ら約1万人から約2100億円を集めた巨額預託商法事件。「神様」の仮面の下の素顔とは―。(この連載は木原育子、井上真典が担当します)

「女性はいくらでもうそ」は言ってない? 杉田水脈議員の弁解ブログが輪をかけてひどい理由

(写真:アフロ)

 杉田水脈議員が「女性はいくらでもうそをつけますから」発言を否定。しかし、報道のあとに更新したブログは、性暴力の被害者支援現場への無知を露呈するものだった。

 

ざっくり言うと…

(1)杉田議員ブログ:「再発を防ぐべきであり、その為には警察と関与と連携は不可欠」

→性暴力被害当事者のためのワンストップ支援センターは警察との連携をすでに行っており、この記述は誤解を招きます。

(2)杉田議員ブログ:「被害者が民間の相談所に相談して『気が晴れました』で終わっては、根本的な解決にはなりません」

→ワンストップ支援センターは、身体的・精神的医療ケアのほか、法的支援や警察捜査につなげる包括的ケアを受けるための場所であり、「気が晴れました」で終わりにする場所であるかのような記述は誤解を招きます。

(3)杉田議員ブログ:「警察の中に相談所を作り、女性警察官を配置することで敷居を下げ、相談しやすくすることができる」

→警察では、すでに性暴力被害のための全国共通相談ダイヤル「#8103(ハートさん)」が設けられており、各都道府県の性被害対応窓口につながります。警察の相談所が必要と言うなら、まず#8103を周知するべきです。

 ※2020年10月からは、各都道府県のワンストップ支援センターに自動的につながる全国共通ダイヤル「#8891(早くワン)」の運用が始まります。110・119などと同じように周知されることが必要です。

複数の関係者が証言するも本人は否定

 自民党杉田水脈衆院議員が、9月25日に行われた会議で女性への暴力や性犯罪に関して「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したことが報じられている。

 共同通信などの報道によれば、杉田議員は会議後に記者団に対して発言を否定。しかし、参加した複数の関係者から発言が確認されたという。

 杉田議員は26日午後に「一部報道における私の発言について」というタイトルで自身のブログを更新し、「報道にありましたような女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでも嘘をつく」)はしていないということを強く申し上げておきたいと存じます」と発言を否定した。

ワンストップは包括的支援の場

 報道では、杉田議員は「女性への性暴力に対する相談事業について、民間委託ではなく、警察が積極的に関与するよう主張」(共同通信・9月25日)したとされ、複数のメディアがこれは性暴力被害者のための「ワンストップ支援センター」を全国で増設する方針を説明した際の発言だったと報じている。

 杉田議員が発言を否定したブログでも、杉田議員が相談事業に警察が積極的に関与するよう求めていることがわかる。

 まったく支援現場のことをわかっていない人の発言だと感じる。

 性暴力被害者のための「ワンストップ支援センター」は、現在47都道府県に最低1カ所はある。被害に遭った人が、医療や法的な支援を一括で受けるためのセンターであり、2010年に大阪で24時間ワンストップ支援センターSACHICOがスタートしたのを皮切りに、2018年に各都道府県に最低1カ所という目標を達成した。※日本初の強姦救援センターは、1995年設立の沖縄REICO

警察との連携は行われている

 まず、杉田議員はブログで「警察の関与と連携は不可欠であると考えています」と書いているが、すでにワンストップ支援センター(以下、ワンストップ)では、警察と連携が進められている。

 性暴力被害に遭い、すぐに警察へ連絡できる人ばかりではない。ワンストップで精神的なケアや法的支援を受けてから警察へ相談できる人もいる。一方で、警察に相談したあとで、警察からワンストップで支援を受けることを勧められる場合もある。

 たとえばSACHICOでは、2010年~2018年までの間に支援を受けて警察へ通報した人は、相談者のうち43.5%に上ったという。一方、平成29年内閣府調査によれば、「無理やり性交等された被害経験」があると答えた男女のうち、警察に相談したと答えた人はわずか3.7%(女性2.8%、男性8.7%)。

 警察に相談できる人の少なさを考えれば、ワンストップなどの支援機関がいかに必要であるかは明らかであるし、警察への相談件数を増やすためにもさらにワンストップが必要であることは明らかなのだ。

「民間の相談所」への軽視・偏見を感じるブログ内容

 杉田議員は、ブログ内で次のようにも書いている。

被害者が民間の相談所に相談をして「気が晴れました」で終わっては、根本的な解決にはなりません。

警察の中に相談所を作り、女性警察官を配置することで敷居を下げ、相談しやすくすることができるのではないか、また、それが警察における女性活躍にも繋がるのではないかということを申し上げました。

出典:「一部報道における私の発言について」(杉田水脈オフィシャルブログ)

 「民間の相談所に相談をして『気が晴れました』で終わっては」という書き振りは、専門的な包括支援機関であるワンストップの取り組みを、あまりにも軽視している。医療機関、警察、支援弁護士などのサポートにつながることができる機関であるから「ワンストップ」なのだ。

 ただ、始まったばかりの取り組みであるため、ワンストップの質について地域差があり、各専門機関との連携もまちまちであることはこれまでも指摘されている。

 ワンストップがさらに質・量ともに拡充していくべきであるためには予算が必要だ。杉田議員は、男女共同参画の要求額の中でも「女性に対する暴力対策」への比率が高かったことにご立腹のようだが、そうであるならなおさら、支援現場で何が問題となっているかを把握してから発言してほしい。

そして「警察の中の相談所」はすでにある

 また、「警察の中に相談所を作り」とあるが、各都道府県警察では性犯罪被害の専門相談窓口があり、2017年8月からは、全国共通の短縮ダイヤル「#8103」の運用が開始されている。#8103にかければ、最寄りの各都道府県警の性犯罪被害相談窓口につながる。

 杉田議員は、警察の中に相談窓口がないと思っているのだろうか。聞いてみたい。

「女性活躍」とは?

物議を醸した杉田水脈議員の発言一覧(筆者作成)
物議を醸した杉田水脈議員の発言一覧(筆者作成)

 性暴力被害者の相談に女性警察官をあてることが女性活躍につながるという発想もいただけない。確かに、被害当事者の中には女性警官の方が話しやすいと感じる人がいるのは事実だ。ただし、性被害当事者は女性だけではないし、本来であれば男性警官であっても性被害当事者に適切な対応ができなければならない。

 また、「女性活躍」とは何なのか。「女性だから」という理由で配置される場所を作ることは、むしろ女性警官のキャリアを狭めることになりかねない。男性ばかりで行われてきてしまった意思決定の場に女性が増えることこそ必要なはずだ。女性警官だから性被害相談ばかり担当させられることになりかねない状況に懸念があることを、実際に女性警官からも聞いている。

支援はまだ足りない

9月26日に杉田議員の発言に抗議するため緊急で行われたオンラインフラワーデモ
9月26日に杉田議員の発言に抗議するため緊急で行われたオンラインフラワーデモ

 前述の通り、各都道府県に最低1カ所ずつワンストップ支援センターができたのは最近のことだ。2018年10月に奈良県「NARAハート」が開設され、これで全都道府県全てに1カ所以上のワンストップが設置されることになった。

 このことに驚きはないだろうか?

 内閣府調査によれば、女性の13人に1人、男性の67人に1人が過去に無理やり性交された被害経験があると答えている。被害はあるにもかかわらず、ケアを受けられる場所は非常に少ない。

 国連は女性の人口20万人につき1カ所のワンストップ支援センターが必要と提唱しており、その基準では日本には300カ所以上が必要だが、2019年1月時点での弁護士会調べによれば全国に54カ所、そのうち行政が関与する(性犯罪・性暴力被害者支援交付金が出ている)ワンストップ支援センターは、47都道府県に49か所

 日本は性被害の認知件数が少ないから……というのは順序が逆である。被害者が相談できる場所が少ないのだから、警察が認知する被害件数が少なくて当然だ。

 2019年1月に行われたイベント「医療の現場からみた『性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの現状と課題』」の中では、パネリストが「通報されるレイプ被害は2~3%。もし窃盗被害の2~3%しか警察が対応できないのだとしたら大変恥ずかしいこととなるはず」と発言していた。

 病院拠点型ワンストップセンターの少なさなど、課題は多い。以前、ある被害当事者は私に「傷だらけで血を流しているのに、治療してくれる場所がどこにもない状況」と語った。中長期的支援を受けられる機関も少なく、メンタルクリニックの中から性被害者に理解のある場所を自分で探し出さなければならない被害当事者も少なくない。

 日本の性被害支援状況は、まだじゅうぶんに整っていない。また、これまでの数十年間でDVや性被害者を支援してきたのは、主に女性たちの草の根の運動だった。ようやく国が気づき目を向け始めた支援について、議員の立場にいる人が無知や偏見を振りかざさないでいただきたい。

 9月25日のTBSラジオ「Session-22」では、杉田議員の発言について、会議で笑いが起こったとも言及されていた。本当ならばあまりにもひどい。しっかりと調査が行われることを強く望む。

【関連】

・9月26日にスタートした、辞職を求める署名は7万筆に達する勢い(9月27日・12時時点)

「女性はいくらでもうそをつけますから」自民党・杉田水脈衆議院議員の性暴力被害者への発言撤回、謝罪、辞職を求めます。(Change.org)

・9月26日夜には緊急の「フラワーデモ」も行われた

「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議毎日新聞/2020年9月27日)

 

小川たまかライター

初の単著『「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を』(タバブックス)発売中。ライターです。主に性暴力、働き方、教育などの取材・執筆をしています。カウンセラーではないので、ケアを受けていない方からの被害相談は基本的に対応できません。お仕事、講演のご依頼は、info.mapt7@gmail.com ※スタッフが対応します。NAVERまとめへの転載お断り。

 

河井克行河野太郎は似ている

河井克行

政治家

 
 
河野太郎

政治家

井上貞光さんの投稿

ご投票ありがとうございます!


 そっくり!
291票

×
似てない…
46票

そっくり率
86.35%

 

9・13のTBSサンデー・ジャポン 。異常な菅義偉びいき。何が「いい人すぎるのが不安材料」だ。馬鹿じゃないのか。「いい人が」なぜ安倍晋三自民党政権で森加計桜の問題や沖縄米軍基地辺野古移設の強行で「問題ない」などと嘘を平気で言うのか。批判したり、「抵抗したら干される恐怖」を言う人がなぜ出てくるのか。